ふうたと桜 2013春

2017-04

生きる意味 - 2011.09.14 Wed

うちの中1のにいちゃんは、時々こんなことを言う。

 「生きる意味がわからへん」


生きてても意味がない。だからもう死ぬのだと・・・・・


そんなにいちゃんと一緒に、映画 「ライフ -いのちをつなぐ物語-」 を見に行った。



まず驚かされたのが、この映画の撮影技術のすごさ。
例えば・・・
大海原で、求愛行動をとる一匹のメスのクジラを奪い合い、激しく争うオスのクジラたちを撮った壮大なシーンあり、
草の下で、鋭い顎で葉っぱを噛み切っては巣へ運ぶ無数のハキリアリたちの大行進を撮ったジオラマのようなシーンあり、
それぞれの生き物たちの目線で世界が変わるのがおもしろい。

 「あのトカゲがネズミを追っかけるシーン、CGかと思たわ」
と、にいちゃん。
現代っ子らしい感想だ。

もちろんこの映画はCGなど一切使っていない。全て本物だ。
しかしCGではないかと思ってしまうほど、よくあんなシーンが撮影できたなあと驚くような映像が次々と飛び出してくるのだ。


映像のすごさだけではない。
この映画はドラマではなく、ただ生き物たちが「生きる」姿を映しているだけなのに、なぜかとても胸に迫ってくるものがある。


 「生きる意味」って何だろう?

そんなことを考えながら生きている生物って、おそらく人間だけだろう。
「生きる意味」の答えを論理的に出そうとしても、たぶん答えは出ない。

生き物たちは、与えられた命を、ただひたすらに、懸命に生きている。
食べること。
愛すること。
家族をもつこと。
全てが「生きる」ことなのだ。

自然の掟に従い、命を生き、命を分け合い、命を守り、命をつないでいく。

地球では弱者は淘汰され、知恵と勇気を持つ強者が命をつないでいける。
それが自然の掟。


人間は、自分たちが生態系の頂点に君臨していると思い込んでいる。
けれど、同じ種である人間同士で憎しみ合い殺しあったり、生きる意味を見失って自ら命を絶ったり、そんな行動をとる生き物が他にいるだろうか?
自分たちの住む環境を自分たちの手で破壊していく生き物など、他にいるだろうか?

人間こそ、この地球上で最も自惚れ者で、愚かで、最弱な種なのではないだろうか?


この映画を見て、そんなことを思った。



にいちゃんはどうだったかな?

行き道ではそれほど気乗りしていない様子のにいちゃんだったが、帰り道では
 「この映画、見て良かったわ」
と明るい表情だった。


110709ふうた③

           いのちをつなごう


       にいちゃんも、ふうたも、家族だからね。



   公式サイト ↓
   映画 「ライフ -いのちをつなぐ物語ー」">映画「ライフ -いのちをつなぐ物語-」


人気ブログランキング ← 応援おねがい! Click わん☆

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ぼくはセレブ犬? «  | BLOG TOP |  » 残暑

プロフィール

みきたん

Author:みきたん
2.18生 水瓶座 A型
京都府出身
家族:にいたん,ふうたん
趣味:マラソン,手芸,工作

Cast:ふうた
2006.10.11生 天秤座
埼玉県出身
トイプードル×パグMIX
愛称:ふうたん
社交的でおおらかな性格。
犬社会では自分が一番強い
と思っている。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (2)
ふうたの日記 (43)
みきたんの日記 (65)
お散歩 (86)
お出かけ (21)
風景 (22)
日常 (16)

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
13871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

7025位
アクセスランキングを見る>>

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR